工法技術・特徴

アンクルモールV工法

小型、簡単、高精度。多様な土質に対応

  1. 2.0mの円形立坑から発進ができます。
  2. 掘進機は5分割にできるため、到達立坑を小さく、あるいは既設の1号人孔から分割回収ができます。(呼び径300m)
  3. 1スパン80m程度の推進が可能です。
  4. 最大95mmまでの礫径に対応できます。(呼び径300m)
  5. 卓上式操作盤は、コンパクトで取扱がやさしく、タッチパネルに掘進時のデータ(TV画面・メータ等)を表示します。
  6. 推進データの記録、取り出しができます。(オプション)