工法技術・特徴

ハブマスター工法

信頼性・安全・低コスト・工期短縮などメリット満載。

  1. 不断水工法のため、24時間日常生活がそのまま維持できる。
    下水道の本管と取付管を同時に仮排水を行い、下水道を使用しながら老朽化した管の更新・改築・補修が行えます。
  2. クローズタイプシステムで悪臭がしない。
    吸引から排出まで管路をすべて一体化し、汚水の漏れや悪臭を出しません。
  3. 低騒音で不快感を削減。
    通常運転時61.0dB(周囲7m)以下で、周辺住民が就寝する深夜は、深夜モード55.5(周辺7m)以下を設定することができ、不快感を減らします。
  4. 不断水工法のため、24時間日常生活がそのまま維持できる。
    施工スパンに汚水の流入が無く、ドライな状態で施工が出来るため、土壌や地下水を汚しません。
  5. 作業員が安心して施工ができる。
    施工前に管内清掃を実施し、システムを使用することで汚水汚泥に直接触れることがありません。
  6. 作業環境が清潔。
    重機・作業員が汚水等に触れないため、雑菌等による作業環境の汚染がありません。また、掘削土が汚水と混じらず汚染されません。