工法技術・特徴

パイプ削進工法(水平ボーリング式一重管推進工法)

無排土削進が可能。土質・地中障害物にも強い。

  1. 湧水地盤では、鞘管に止水器を取付けることにより無排土削進が可能になり、地盤をゆるめる事無く安全な施工ができます。
  2. 先端の特殊メタルクラウンにより、いかなる土質・人工障害物でも削進できます。
  3. 既設マンホールなどもほとんど誤差無く貫通する精度を誇ります。
  4. 立坑寸法が小さくて済むための狭路の交通過密地帯に適しています。