工法技術・特徴

アイアンモール工法(泥土圧式推進工法)「TP75SCL」

砂礫・玉石・岩盤に対応。φ2.5m円形立坑から発進。

  1. クラス最大の推力で推進可能
    推進装置の推力はクラス最大の1,960kN(200ton)。さらに先導管推進は機能別に3分割発進が可能です。また、先導管に吊り具を装備しているので、搬入・据付がより安全に行えます。
  2. 小さな地上占有面積
    泥土圧式だから大きな泥水処理装置などの地上設備は不要。油圧ユニットはエンジン駆動方式のため、高圧受電やジェネレータが不要となり、地上占有面積は小さく、狭い場所でも作業が行えます。
  3. 環境にやさしいクリーンエンジン搭載油圧ユニット
    国土交通省排出ガス1次規制適合。またエンジン回転数はオペレータの手元で遠隔操作により設定できるため省エネ運転が可能です。