工法技術・特徴

アイアンモール工法(泥土圧式推進工法)「TP90S-2」

広範な土質に対応し、豊富な施工実績を誇る汎用機。

  1. 切羽全面で礫・玉石を破砕ディスクカッタで切羽に向かって礫、玉石を押さえ付け、転動しながら切羽全面で破砕します。小径礫はくさびを打ち込むように、大径礫(玉石)は表面小剥離や表面破砕を繰り返しながら刃先部からクラックが進展し破砕。礫・玉石の地盤に幅広く対応します。
  2. 粘性土にも対応粘性土から土丹、さらには滞水砂層まで幅広い地盤に対応します。粘土用カッタ、オープンカッタを用意。滞水砂層の場合は大型ピンチ弁と掘削添加材で対応します。