工法技術・特徴

ロックマンエース工法(泥水式鋼製さや管推進工法)

滞水砂地盤・砂礫地盤・転石・岩盤等 適応型推進機

  1. 発進立坑・到達立坑ともに最小スペース化を実現しています。
  2. ロックマン工法に準じ、耐水砂地盤・礫・転石・岩盤・コンクリートなどあらゆる土質の掘削が可能です。また泥水方式により複合地盤へも対応しています。
  3. 作業工程が少なく、特殊ビットによるスピーディな掘進が可能です。
  4. 連続監視によって即時方向修正が可能です。
  5. 2m×10m程度という小規模な地上設備で施工できます。